ビジネスマンと結婚

ビジネスマンにおける結婚適齢期とは?

男やもめにウジがわく、といいます。また、30歳を過ぎた男の場合、独身暮らしが1年延びるごとに寿命が三年縮まる、とも言われます。

 

それだけ、30過ぎの男の独身生活は、体に良くないものだといえます。もちろん、栄養満点の三度の食事をきちんと取、炊事・選択までこまめにやれる人がいれば、話は別ですが。

 

しかし、独身の気安さで徹夜マージャンをして、家に帰らなかったり、暴飲暴食をするような不規則な生活を重ねているうちに、健康を害してしまうケースが多いのです。

 

独身貴族とは名ばかりで、その私生活はルーズで不潔で、荒廃しているという人が多く、その積み重ねは、必ず会社勤めにも悪影響をもたらすことになります。

 

ビジネスマンとして、一人前になるには、やはり適齢期に良い伴侶を見つけて結婚すべきです。

 

結婚することによって、衣食住の面で健康な生活ができる、規則正しい生活のリズムができ、新進の活力が保持できる。

 

将来の生活設計を考え、浪費を控え、長期を展望して仕事に打ち込めるようになる。

 

社会的な信用度が高くなる。

 

というようなメリットがあります。

 

ちなみにサラリーマンの平均結婚年齢は25〜29歳が圧倒的です。