ビジネスマンにとって良縁とは?

良縁の定義は変化している

一昔前は、「良縁」といえば、家柄や学歴、それに男女の年齢の釣合が、まず取りざたされたものです。

 

しかし、最近の若い男女の場合は、感覚的な相性を重視する人が圧倒的に多いようです。

 

例えば、「顔かたちが良く、自分の思ったことがずばずば言える女性が良い」と男性が言えば、女性の方も「優しくて、背が高く、顔も整っていてセンスの良い男性」などといい、そんな相手と結婚することが理想であり、良縁に恵まれることだと考えているようです。

 

ビジネスマンにとっての良縁とは、「良妻賢母」の女性です。例えば、次の5項目は最低でも実行できる女性であることです。

 

  1. 掃除・選択をきちんとする
  2. 朝食や夕食に手抜きをせず、栄養を考えて手作りする。
  3. 経済観念がしっかりしていて、無駄な浪費をしない
  4. 苦労をいとわず、将来のために我慢強く努力することができる
  5. 相手の立場や気持ちが理解できて、アドバイスや励ましができる

 

この上に、美人であれば申し分ありません。何の心配もなく、落ち着いて仕事に取り組める状態を維持できる家庭が営めるような結婚であれば、サラリーマンとして出世の糸口もつかめます。